学生でも消費者金融でお金を借りれるの?

借入

学生でも消費者金融でお金を借りる事はできます。
例えば消費者金融のアコムなら「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方」が貸付条件になり、学生は申込不可としていませんので条件をクリアしていれば申し込みが可能です。

親からの仕送りで生活される学生も多いですが、仕送りは収入として認められませんので、この場合はカードローンに申し込みしても審査には通りません。

その他にも、お小遣いやギャンブル等で臨時に得たお金は安定収入として認められません。
カードローンの申込では年収を申告しますが、年収として認められる収入は「給与及び課税された収入」です。
アルバイトをして毎月給料を得ていれば特に問題ありません

アルバイトによる収入があっても未成年の学生は申込不可です。
どの消費者金融でも貸付条件には「20歳以上」と記載されていますので、仮に収入があっても未成年ということで申し込みは断れてしまいます。
法定代理人が同意せず未成年者が単独で行った契約は後から取り消すことができます。
取り消しが行われると契約時に遡り、初めから無効とみなされます。
金融機関にとって未成年者への貸し付けはリスクが高いため、どの業者も未成年者に貸し付けを行っていません。

いくらまで借り入れできる?

借入可能額は審査によって決定され、金額は人それぞれ異なります。
アルバイトで収入があると言っても学業が本業である以上、月の収入は少なめですから限度額は低めに設定されます。
初回の融資額はおおよそ10万円程度と見たほうが良いでしょう。

また消費者金融は貸金業者に該当するため総量規制の対象となります。
総量規制とは個人の借り入れを規制する法律で、年収3分の1を超える借入が出来ません。
アルバイトによる年収が60万円であれば、消費者金融から借り入れできる金額は20万円までということになります。
この事からも学生が高額な借り入れをすることは難しいのです。

審査に不利な条件

学生だからという理由で審査に不利になることはありません。
同一基準で審査は行われますので、融資の可能性は十分にあると言えます。
逆に学生だから審査が特別に甘くなるということもありませんので、その点も理解しておきましょう。

審査では個人信用情報がチェックされます。
ローンやクレジットの支払いの長期延滞、複数社からの借入、総量規制の上限まで借り入れしているといった場合は審査に通る事はできません。
ローンやクレジットを利用したことがなくても、携帯電話料金の延滞経験があれば審査は不利になりますので注意してください。

消費者金融の審査に落ちた場合は学生ローンを利用するのも一つの手です。

消費者金融と学生ローンは何が違う?

消費者金融と学生ローンは、貸付対象や融資形態、審査内容などが異なります。

一般キャッシング

一般のキャッシングは融資対象年齢が20歳以上となります。
ですから未成年の学生は申込不可です。
審査は申込者本人のみが対象となり、親や兄弟に事故情報が記録されていても審査には影響しません。

貸し付け内容は社会人と同じとなります。
金利が特別に安くなるということはなく、一律の金利が適用されます。

申し込みに必要な書類は原則として本人確認書類のみです。
本人確認書類として有効なのは、運転免許証や健康保険証などで学生証は認められないケースが多いです。

学生ローン

学生ローンは消費者金融に比べ、金利がやや低めに設定されています。
特定の条件を満たすことで、更に金利が安くなるなど学生ローンならではの優遇措置を取っている所もあります。
また消費者金融は未成年の利用は不可ですが、学生ローンは高卒以上の18歳から利用が可能です。

申し込みで必要となる書類は学生証と運転免許証若しくは健康保険証の2点です。
学生証が提出できない場合は融資を断る所もありますので注意が必要です。
また場合によっては給与明細書の提出を求められることもありますので、予め用意しておくと良いでしょう。

消費者金融は設定された限度額内で繰り返し借り入れと返済を行うことが出来ますが、学生ローンにはこれがありません。
追加融資を受ける場合は、再度申し込みをする必要となる物が多く、消費者金融に比べると利便性は劣ります。

親にばれないか心配

不安

学生であっても親にバレないで借入は可能ですが、幾つか注意点がありますので紹介します。

親の承諾や保証人は必要?

消費者金融は20歳以上から利用することが出来、年齢の条件をクリアできていれば親の承諾は必要ありません。
申込者の返済能力と信用力を元に貸付しますので保証人も不要です。

学生ローンも基本的に親の承諾も保証人も不要です。
未成年も利用可能ですが、その場合は親の承諾が必要になる場合もあります。
消費者金融の場合は親の承諾があっても未成年への貸し付けは行っていません。

自宅に郵便物が届く?

親と同居している場合、契約書類やローンカードは自宅に送られてきます。
消費者金融の場合、会社名は伏せられている若しくは別の会社名で郵送物が送られてきます。
例えば、消費者金融のアコムなら「ACセンター」、プロミスなら個人名で届きます。

業者によっては郵便局留めで対応してくれる所もありますので、どうしても心配な場合はこの方法を使うと良いでしょう。
但し、どの業者でも郵便局留めに対応しているわけではありませんので、申し込み前に確認しておくことです。

大手の消費者金融は無人契約機を使って契約手続きを取ることも可能です。
その場で契約書類とローンカードを受取できますので、自宅に郵送物が届くことはありません。
更に利用明細をWEB明細に切り替えることで、借入や返済を行っても明細書が自宅に届くこともなくなります。

電話連絡がいくこともある?

在籍確認のためにアルバイト先に電話連絡がいくことはありますが、それ以外で、本人以外に電話がいくようなことはありません。
申込時に連絡先を自宅の固定電話ではなく、自分の携帯電話にしておけば尚更良いでしょう。
また在学中の学校に連絡がいくこともありません。

但し、返済が遅れた場合は電話連絡もしくは書面による通知が届きますので注意が必要です。

もしも返済が出来なくなったら

学生がキャッシングする上で最も気をつけたいのが返済不能になることです。
返済が遅れれば遅延損害金を払うだけでなく、自身の個人信用情報に傷が付くことになります。
信用情報に傷がついてしまうと、一定期間記録が残ってしまい、当面の間ローンやクレジットの利用が難しくなります。
住宅や車など大きな買い物は大抵ローンを組んで購入することになりますから、これが利用できないとなると生活に支障を来す恐れもあります。

返済が難しい場合は、まず始めに利用中のカードローン会社に電話を入れることです。
現在の状況と返済が困難であることを伝えることで、それに応じた対応を取ってくれることが多いです。
例えば、金利の引き下げや利息だけ払い返済期日を変更してもらう、一定期間催促を止めてくれるなどです。

返済が苦しい場合は親に相談し、一時的に立て替えてもらう事も検討しましょう。
返済が遅れる旨を伝えても遅延であることに変わりはありません。
信用情報に傷が付けば、今後ローンを利用したくても利用できない可能性があります。
それを防ぐためにも親に相談した上で立て替えてもらうのが良いでしょう。

どうしても相談できないと言う場合は弁護士や司法書士、消費生活センターに相談するのも手です。
相談だけなら無料のところも多いですから、そのまま放置しておかずに利用することです。

以下は無料で相談できる公共機関ですので、もしもの時のためにも知っておくと良いでしょう。

  • 日本弁護士連合会
  • 日本司法書士会連合会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • JCCO 日本クレジットカウンセリング協会
  • 金融庁
  • 日本貸金業協会
  • 国民生活センター・消費生活センター

返済が困難だからと言って、他の金融機関から借りるようなことは絶対にしてはいけません。
借金が余計に増え、余計に返済が苦しくなるだけです。
借金返済のために借金した分の返済が苦しくなり、また別のところから借金するという悪循環に陥りますので、借金を借金で返すようなことは絶対にいけません。

悪徳な闇金に気をつけよう

キャッシングに関する法律に則っていない違法な業者を闇金と言います。
法律に則っていませんから当然のごとく安全に利用できる保証はありません。

闇金からの借入は、メリットは一つもありません。
高額な利息の支払い、悪質な取り立て、犯罪の片棒を担がされる等、非常に危険です。

「審査なしで借りられます」「ブラックでも融資OK」等、普通ではあり得ないような貸付条件を提示している業者は、間違いなく違法業者だと疑って良いでしょう。
闇金は貸金業者として登録していませんので、貸金業登録番号が無いのも特徴です。
中には詐称している闇金もありますので、怪しいと思った場合は、貸金業登録番号を金融庁のホームページにて検索するのが良いです。

闇金は非常に危険な存在ですから、絶対に手を出さないよう十分に注意してください。